banner

健康食品青汁についてのいろいろQ&A

青汁はもうすっかりテレビなどでもおなじみになった健康食品の一つですが、それでも様々な疑問をお持ちの方がいらっしゃることと思います。
そこで、今回はQ&A方式で様々な疑問を解決していこうと思います。まず第一によく言われるのが、「具体的にどんな効能があるのか」という質問です。
栄養補助食品、サプリメントや健康食品と呼ばれる食品には、どんな栄養素が含まれているかは明記されていることが多いですがではその食品で具体的にどんな効果があるのかを明示していることがほとんどないため、こんな質問が出てくるのだと思いますが、県境食品はその具体的な効果をはっきりと明示することが法律で許されていないのです。
どういうことかというと、その栄養素を取ることで健康が改善する事は分かっていても、その効果は薬ほど劇的で急激なものではないため、明示された効果をすぐに期待させるような表示はできない、というわけです。
例えばhttp://www.mas-hamilton.com/10.htmlにも書いてあるように、青汁には食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。
そのため、整腸作用や生活習慣病の改善などの効果が期待できると言われています。
しかし、胃腸が悪くなってから、生活習慣病になってから飲み始めても効果は薄い、ということになります。
こちらの青汁服用時の注意点についての解説も是非お読みください。
次の質問は「どうすればより効果的に健康パワーを得ることができるのか」です。
毎日飲むということはそれなりに大変なことなのですから、できればその効果を最大限にはっきできるようにしたい、と思うのは普通のことであるといえます。
結論から言ってしまうと、豆乳や果物等と組み合わせて摂取するのが効果的、ということになります。
どういうことかというと、青汁は栄養バランス的に大変優れた食品ではありますが、一つ弱点があるとすればその独特の風味であるといえます。
その弱点を補うために、なめらかな豆乳や果物の甘さを使用することで飲みやすい栄養ドリンクへと変えることができます。
また、豆乳のタンパク質や果物のビタミンCは、青汁にはそれほど大量に含まれている訳ではない為、それらを補うことのできる食品を使えば栄養バランス的にもより良いドリンクを作ることができる、というわけです。
飲みやすく栄養バランス的にも優れた豆乳と果物との組み合わせは、おすすめの飲み方と言えるでしょう。
青汁の一日の摂取量目安はこちらに載っています。
毎日飲み続けることは大切ですが、過剰摂取も良くないので摂取量を守り続けていきましょう。
Q%A方式で疑問を解決してきましたがいかがでしたでしょうか。
このように、様々な方法を利用すればより健康的でより楽しく日々の生活を送ることが可能であるといえます。
また、こちらのオススメサイトの生野菜と青汁の比較についての解説も大変わかりやすいので是非ご覧ください。

Copyright(c) 2013 健康.com All Rights Reserved.