banner

青汁に入っている多くの成分について

最近の健康をうたった青汁などの商品の紹介で、このドリンクにはほうれん草の5倍の鉄分が含まれています、ビタミンCの量はレモン10個分に相当しますなどと成分の量がいかに他の野菜などより多く含まれているかについて説明しているのをよく見ます。
私はこのような説明を悪いとは言わないですが、見ている側にはインパクトこそは大きくても、体にどのように影響してくるかについてはあまりピンとくるところがありません。
それにある本で知った情報なんですが、こういった成分の中には、取りすぎると体に蓄積されて悪影響を及ぼすものもあるとのことです。
ほとんどの体に必須の成分は取りすぎた場合尿などと一緒に対外に排出されるらしいですが、このように1部取りすぎてはいけないものがあると知ると、これらの製品を購入するにあたって、他の野菜よりも10倍も20倍も多く含まれる栄養について少し恐怖を覚えてしまいます。売る側は売り上げのことを考えていますから、1部の人のこうした考え方はあまり気にしなくてもそのことがあまり影響することでもないと思います。
しかし、商品を売るのならもう少しこのような意見があることを考慮して、わかりやすく説明していくのがいいのではないかなと思います。
疑問や恐怖を感じている人は少ないと思います。
私は非常に心配性で、普通ではなにも影響が無いようなことでも過剰に反応してしまいます。
ほんとに青汁はいいものだと思います、そういう商品だけあり、これからもお世話になろうと思っているので余計そのような細かいところが気になってきます。
このごろの健康ブームなどにのって商品を売り出す場合は、製品の開発の時点では十分に安全性については証明されたものばかりだと思うので、その説明をする際にはただただ量が多く健康にいいといった言い方をせず、通常の野菜の取り方ではなかなか満たせない栄養をこれで十分補給することができる、取りすぎた分は排出されるので体に害はない、使用量についてなど詳しくしてもらい、インパクトだけで売り上げをあげるようなことはできるだけやめた方がいいと思います。
でも青汁は日本に昔からあり、体にいいものだと思います。
その量や、使い方などをしっかりとすれば、サプリメントなどよりも自然で健康的な栄養の取り方ができると思うので、健康を維持する為に飲むには非常に優れたものなのでお勧めできると思います。
1杯で不足気味の成分を補充することができる青汁は最高の飲み物です。
こちらの青汁服用時のポイントや摂取方法についての解説も、ご覧ください。
青汁と同じようにセサミンhttp://www.ronpaul2012podcast.com/support.htmlも、健康維持にはもってこいなのでおすすめです。

Copyright(c) 2013 健康.com All Rights Reserved.