banner

通販で人気の青汁成分とその効果

今では様々な成分を使った青汁が販売されるようになっていますが、その中でも特に注目されている三大原料と言えば、ケール、大麦若葉、明日葉の3つでしょう。
青汁の主要3大原材料についての詳しい解説をしているサイトもあります。

ケールhttp://www.puckineh.com/02yasai.htmlが人気の原料と言っても、
ケールそのものを目にする機会はあまりありません。
南ヨーロッパ原産のアブラナ科の野菜でキャベツの原種です。
ブロッコリーやカリフラワーもケールからの品種改良によって生まれた野菜です。
ケールはこれまで知られている野菜の中でも飛び抜けて含有成分が良い事、一年を通じて栽培が可能な事、収穫量が多い事、抵抗感の少ない味である事、刺激性がない事など様々な点から原料として相応しい野菜であると考えられています。
ケールを含むアブラナ科の植物は緑内障予防の効果が指摘されています。
ケールにもいろいろな品種がありますが、中でも木立性の大葉種が優れています。
晩秋蒔きで翌年の秋には1m前後になりますが、大きいものになると3mにも成長します。
大麦若葉とは大麦の若葉であって野菜の名称ではありません。
大麦が20センチから30センチくらいの大きさまでのまだ若い状態の間に摘み取ったものです。
育ち切った大麦よりもこの若い状態のほうが栄養分が豊富なのです。
大麦若葉の含む栄養分には鉄分やマグネシウム、カルシウム、βカロチン、亜鉛などのミネラルが豊富にあります。
大麦は食物繊維の宝庫です。
他の穀類の場合は、不溶性食物繊維の割合が高く、水溶性の食物繊維の割合が低いのですが、大麦の場合は、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方がバランスよく豊富に含まれています。
不溶性食物繊維は、体内で水分を吸収して膨らむため、便の量を増やしたり、排便を促す作用があります。
また体内の老廃物や毒物を吸収して便として排泄します。
水溶性食物繊維は食べた物を胃から小腸へゆっくり移動させるため、急激な血糖値の上昇を抑えたり、血中コレステロール値を正常化する作用があります。
これによって糖尿病や動脈硬化の予防になります。
明日葉の成分には前駆脂肪細胞から脂肪細胞への分化を促進する働きがあり、脂肪細胞の分化はインシュリンの作用を促すため、血糖値の低下作用に繋がります。
つまり糖尿病に対する効果が認められるのです。
また明日葉に含まれるカルコンには白内障など糖尿病による合併症の発症を防ぐ効果も期待されています。
更に美肌効果http://www.riffrag.org/ao1.htmlにも期待でき女性に大変嬉しい青汁です。

このように通販で人気の青汁の成分と言ってもその効果は様々なので、必要な効果を考えて選ぶ事が大切です。
こちらのサイトの青汁のすばらしい効果と効能についての解説も是非ご覧ください。
生活習慣病などに効果的で、毎日元気に過ごすために欠かせないセサミンhttp://veindance.com/life.htmlもおすすめです。
生活習慣病予防にはイソフラボンhttp://www.infomercialratings.com/muk.htmlもお試しください。

Copyright(c) 2013 健康.com All Rights Reserved.