banner

意外と簡単な青汁の作り方

栄養価のことを考えれば、一番理想的な青汁は、絞りたてのものだと言われています。
しかし、青汁の代表的な野菜ケールは、通信販売などで扱っているところもありますが、残念ながら、一般のお店ではなかなか手に入りません。ケールが手に入らない場合には、スーパーや八百屋さんで売られている、大根の葉やブロッコリーの外側、小松菜などの身近にある野菜を利用して作ることができます。
しかし、ほうれん草は、シュウ酸を多く含んでいるので、生で食べ続けると、腎臓結石などの病気の原因にもなることがあるのでほうれん草は、緑色の野菜ですがむいていません。
自然に生えている野草を使う場合には、毒性がないかどうか、植物図鑑などでよく調べて使う必要があります。
また、生で飲むものなので、スーパーなどで野菜を買う場合には必ず無農薬と表示されているかのチェックも忘れずにします。
飲む目的は、食生活で不足しがちなビタミンやミネラルを補うためのものです。その為、材料となる野菜もビタミンやミネラル、カルシウムなどが多く含まれているものを選ぶことをお勧めします。また基本的に味は、おいしいものではありません。
しかし、あまりにもまずいと、毎日飲むものなので続かなくなってしまいます。
味と鮮度の良い野菜を選ぶことも重要になります。
作り方は非常に簡単です。
材料となる野菜は、水道水できれいに洗います。無農薬の野菜についた細菌が気になる場合は、約70度のお湯に1秒ほど浸します。野菜の硬い部分は、すりつぶしただけではなかなか絞りきれません。
その為ジューサーで野菜をすりつぶします。
しかし、ミキサーで長い時間攪拌すると空気中の酸素に触れてビタミンCが壊れやすくなるので、なるべく2分以内の攪拌をお勧めします。
その後、目の粗い布に包んで絞ります。
水分が足りない場合には少量のミネラルウォーターを足します。
ジューサーがない場合は、すり鉢ですりおろすこともできます。実は、ジューサーよりもすり鉢のほうが、質の良い青汁を作ることができます。
少量作るのであれば、すり鉢で作ることをお勧めします。
すり鉢の場合は、すりこ木でペースト状になるまですりつぶし、最後はガーゼや布などで絞ります。
作ったものが飲みにくい場合には、野菜と相性の良い、蜂蜜やレモン汁、牛乳や豆乳を適量入れて飲むこともできます。
また、ジューサーで作る場合には、バナナやグレープフルーツなどの果物を入れて飲みやすくする工夫もできます。
様々な果物や野菜を飲みやすくするためにも入れることができますが、ビタミンCを破壊しやすい人参やリンゴはミキサーで作るバイには控えます。
意外と簡単に自宅で青汁を作ることができますので、健康のために手作りをお勧めします。
こちら青汁を美味しく飲むためのレシピも是非参考になさってみてください。

Copyright(c) 2013 健康.com All Rights Reserved.