banner

豆乳の甘みで青汁をもっと美味しく

豆乳は女性に人気の高い飲み物です。
豆乳は大地のミルクと呼ばれ、良質なタンパク質とカルシウムがふんだんに含まれています。
風味豊かでやさ引い味をしているために、子供でも飲みやすくなっています。原料となる大豆は、国産大豆が人気です。
農薬を極力使用せずに育てられた大豆は、余計な雑味がなく、甘くて優しい味わいをしています。
北海道は大豆の一大産地となっています。北海道の豊かな大地で育った国産大豆は、甘みがあって風味が高いです。
大豆特有の青臭さがなく、まろやかな味わいが特徴です。
青臭さがないために、どなたでも美味しくいただくことができます。
まるで牛乳を飲むように、コップにたっぷりと注いでゴクゴク飲み干すことが出来る味わいとなっています。
それでいて牛乳よりもカロリーは断然低いために、牛乳の代わりとして愛飲されている女性も多いです。
大豆は畑の肉といわれるほど、良質なタンパク質をふんだんに含んでいます。
栄養バランスが良いために、産後のダイエット食品に適しています。
産後のダイエットでは、低カロリー高タンパクのものを食べることが推奨されています。
そのために、産後のダイエットには大豆が好まれて食されているのです。
青汁のダイエット効果http://info-garage.boy.jp/Diet.htmlの記事も参考にご覧ください。
さて、国産大豆を使用した豆乳ととても相性が良いのは、青汁です。
健康食品としてた開始時を集めている青汁は、より飲みやすいように工夫されたものが販売されています。
最近では、苦味を押さえるために抹茶の風味を加えたものが幅広い支持を得ています。
豆乳を加える事により、抹茶ミルクのような味わいになるため、とても飲みやすくなっています。
また、栄養価を高めるために、バナナを加えると更に美味しくなります。
朝の忙しい時には、バナナを加えたスペシャルドリンクとトーストで十分朝食としての役割をはたすことができます。
バナナは食物繊維が豊富で、ダイエットに適した果物です。
ミキサーに入れてさっと混ぜれば、手軽に栄養たっぷりのドリンクを作ることができます。
子供から大人まで栄養たっぷりのドリンクを美味しくいただくことができます。
バナナは色が変わりやすいために、作り置きはせず、作りたてのものをフレッシュなうちにいただくことが美味しさの鍵となっています。
青汁は、まろやかな飲み物で割って飲むと苦味が緩和されるために、とても相性が良いです。
苦味を楽しむ人もいらっしゃいますが、苦味を緩和させるために他のドリンクで割って飲む方法が定着しています。 飲みやすい青汁の選び方http://www.freesites.ws/no.htmlは知っておきたいですね。


 ↓青汁を習慣にして健康な体に
  
Copyright(c) 2013 健康.com All Rights Reserved.